top of page

【ACTA】2023年春のWS①「みんな私が悪いのね:心理アセスメントにおける恥と恥への防衛を理解する」



ACTAから今後のワークショップのお知らせです


今後2年の間、ACTAでは”心理アセスメントと心理療法で恥(Shame)を扱う”をテーマに心理アセスメントと心理療法における恥(Shame)について、一連のトレーニングを実施する予定です。​これらのワークショップでは、臨床家はどのように恥に気づけば良いのか、またクライアントが健全でない恥を癒すためにどのように直接的に働きかけると良いのかを学ぶことができます。ワークショップ④に向けて、学びを重ねていきますが、それぞれのワークショップは独立しています。今回はワークショップ①のご案内です。



ワークショップスケジュール


ワークショップ①


「みんな私が悪いのね:心理アセスメントにおける恥と恥への防衛を理解する」


​2023年5月3日(水)~5日(金)

時間 10時~17時


主催:ACTA Asian-Pacific Center for Therapeutic Assessment


場所:飯田橋レインボービル(東京都新宿区市谷船河原町11)


講師: スティーブン・E・フィン、中村紀子、アレクサンドロ・クリシ、


フランチェスカ・ファンティーニ、ジュリー・クラドック・オリアリー






チラシダウンロード

2023-2024ACTA_ShameWS_flyer0105-3 (1)
.pdf
ダウンロード:PDF • 1.98MB






2023-2024 ACTA WS (ワークショップ②以降の予定)


ワークショップ②


2023年秋


「重篤な恥を抱えたクライアントのケースコンサルテーション」


ワークショップ③


2024年春


「健全でない恥からの回復を支援するために心理アセスメントを用いる」


ワークショップ④


2024年秋


「重篤な恥を抱えたクライアントのライブ治療的アセスメント」














Comments


bottom of page