2020 秋

ACTA

Milano, Italy.

Austin, Texas, USA.

Tokyo, Japan.

初のオンライン

ケースコンサルテーション

この11月、 ACTAでは初の「ACTA2020オンラインケースコンサルテーション」を行うことになりました。 1つの成人のケースを毎週2時間ずつ計5回かけて学びます。

 アメリカ、オースティンからは、MMPI の大家であるスティーブン・ E ・フィン。イタリア、ミラノからはEMP(早期記憶回想法)をイタリアで広めたエキスパートのフランチェスカ・ファンティーニ。そして東京からは中村紀子がロールシャッハを担当して、皆様のご自宅のパソコンで連続講義を行います。心理テストがクライアントに対する「共感の拡大鏡」としていかに活用できるかということを学べる絶好の機会です。ご自宅でコンサルテーションを受ける貴重な機会をご活用ください。

 治療的アセスメントについてよく知りたい方、治療的アセスメントをもっと深めたい方、日本のケースが治療的アセスメントではどのように見立てられるのか知りたいという方も是非ご参加ください。治療的アセスメントのこれまでのワークショップへの参加経験にかかわらず、 奮ってご参加ください。

・講義は全て逐次通訳が付きます。

・参加者の皆様には、オンラインケースコンサルテーションの事前資料として各講師からテストについてのイントロダクションのVTRをお届け致します(youtube予定)

​ACTA2020オンラインケースコンサルテーション日程

​講師:中村紀子

DAY1 11/6(金) 21:00~23:00

オリエンテーション 
事例概要と検討点の共有 
WAIS、バウム、BDI 

講師:スティーブン・E・フィン

   

DAY2 11/13(金) 21:00~23:00

MMPI解釈

質疑応答

​講師:中村紀子

DAY3 11/20(金) 21:00~23:00

ロールシャッハ解釈

​質疑応答

​講師:フランチェスカ・ファンティーニ

DAY4 11/27(金) 21:00~23:00

EMP(早期記憶回想法) 解釈

​質疑応答

​講師:スティーブン・E・フィン

   中村紀子

DAY5 12/4(金) 21:00~23:00

まとめ

​講師

finn.jpg

アメリカ・テキサス州オースティンに治療的アセスメント研究所を創設、認定臨床心理士として臨床実務に携わる。テキサス大学臨床心理学准教授、イタリア・ミラノのカトリック大学にある( European Center for Therapeutic Assessment(ECTA)の上級研究者およびトレーニングのディレクターとして活躍。1984年にミネソタ大 学で博士号を取得、アメリカ心理学会パーソナリティ部門フェロー会員として 2002年から2004年まで会長を務める。理論と技法に関する論文、著書は多数あり、以下の著書は日本語訳が出版されている。Manual for Using the MMPI-2 as a Therapeutic Intervention.(田澤安弘・酒木保訳 2007 MMPIで学ぶ心 理査定フィードバック面接マニュアル 金剛出版)、In Our Clients' Shoes: Theory and Techniques of Therapeutic Assessment.(野田 昌道・中村 紀子訳 2014 治療的アセスメントの理論と実践―クライアントの靴を履いて 金剛 出版)。2011年にはパーソナリティ・アセスメントの優れた業績を残した人に与えられるブルーノ・クロッパー賞を受賞。2017年8月には、アメリカ心理学会(American Psychological Association : APA)よりセクション12(臨床心理学部門)の「生涯突出した貢献をした者に贈られる賞」(Distinguished Lifetime Contribution award)を、2018年に同じくAPAより、人間主義心理学の理論と実践への卓越した貢献に対して、人間性心理学部門のカール・ロジャーズ賞を受賞。

Therapeutic Assessment Institute (TAI)

Stephen E. Finn, Ph.D.

20091124_4.jpg

治療的アセスメント研究所理事。治療的アセスメント・アジアパシフィックセンター(Asian-Pacific Center for Therapeutic Assessment(ACTA))のクリニカル ディレクター。中村心理療法研究室の共同ディレクターとして30年以上臨床実務に携わる。心理療法におけるロールシャッハ・フィードバック・セッションの提唱とその実践で知られており、現在は国際ロールシャッハ学会の会長(2014年~)を務めている。故John E. Exnerに師事し、包括システムによる日本ロールシャッハ学会の設立者の一人で、2003年から2014年まで会長を務めた。臨床に必要なアセスメントをExner Japan Associates (EJA) を主宰して30年来包括システムのロールシャッハ教育にあたり、臨床におけるアセスメントの重要性を説いてきた。治療的アセスメントの成人、カップルの認定セラピスト。

Asian-Pacific Center for Therapeutic Assessment (ACTA

​中村 紀子 (Noriko Nakamura, Ph.D)

治療的アセスメント研究所理事。認定臨床心理士。イタリア、ミラノのカトリック大学で大学生のためのカウンセリングサービスを取りまとめている。治療的アセスメント・ヨーロッパセンター(European Center for Therapeutic Assessment)のコーディネーター。イタリア国内のみならず海外においても、パーソナリティテスト、テストの協働的な用い方、治療的アセスメントについて大学院や卒後研修で教鞭をとっている。異なるタイプのクライアント(子どもと家族、成人)との治療的アセスメントや、多文化的アセスメントにおける投映法の適用についての論文を多数発表。Tell-Me-A-Story多文化的投映テスト(TEMAS)のイタリア語版著者の一人。治療的アセスメントの成人、子どもと家族の認定セラピスト。

European Center for Therapeutic Assessment(ECTA

Francesca Fantini, Ph.D 

ACTA2020オンラインケースコンサルテーション詳細

​申し込み締め切り

早割:2020年9月18日(金)

通常:2020年10月16日(金)

対象者

「オンラインケースコンサルテーション」はカウンセリング・心理療法を行なっている専門家であればどなたでも参加できます。

​【大学院生について】守秘義務を遵守できる心理アセスメントを学んでいる大学院生を指します​)

*実際のケースを扱うオンライン講義となります。参加される方は家族など他者の出入りのない部屋で、イヤフォンを使用するなど参加者1人で視聴、受講できる環境であることを守秘義務誓約書にて誓約していただきます。

​定員

​50名程度

​開催場所​

Zoomを使ったリモート開催を予定しています。

ご自身のパソコンでZoomが利用できるよう環境設定をお願いいたします。

(初めての方はZoomのヘルプセンターのページをご参照ください 【Zoomヘルプセンター】※外部サイト) 

また、事前にZoomのテスト接続を行う予定です。詳細は参加者の皆様に後日お知らせいたします。

​​料金について

​*料金は全5回分のオンラインケースコンサステーション参加料、資料代が含まれており、参加回数にかかわらず一律料金であることをご了承ください。

 

​申し込み方法

下記の申し込みフォームからお申込みください。

お申し込み後、事務局より選択された参加費のお支払方法と守秘義務誓約書をお送りいたします。守秘義務誓約書は署名の上、スキャンや写真撮影等したものをメール添付していただくか、郵送にてご返信ください(返送期限にご注意ください)。

 

①参加費のお支払と②同意書への署名を確認を持って正式な受付完了となります。申し込み完了された方にはZoomにアクセスするための招待メールをお送りいたします。(お納めの参加費の返金には理由に関わらず応じられません。)

※フォームによるお申し込み後、ご自身が入力された申し込み内容が自動返信されます。自動返信がない場合は、フォームに入力したメールアドレスが間違っている可能性があります。その際はお手数ですが、事務局へメール(asiancta@gmail.com)するか、再度申し込みフォームから入力してください。

また、2週間を経過しても事務局から返信がない場合は、その際も、事務局までご連絡をお願い申し上げます。

ACTA Asian-Pacific Center for Therapeutic Assessment since 2014

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic